あらすじ ブラッディマンデイ大解剖!

ブラッディマンデイのあらすじ解剖!

「ブラッディマンデイ」というキーワードを中心にストーリーは展開していく。
ロシアで起こったウイルス兵器による、凄惨な化学テロ。
一夜にして町の住民を消し去った悪夢の出来事。

事件を起こしたテロリストから、その殺人ウイルスを入手したある人物
が日本の東京に侵入した。
その人物は容姿端麗なマヤという女性。

目的は、東京でロシアのテロを再現すること。
マヤは、その情報を掴んで後を追ってきた諜報員を暗殺。

一方で、日本の警察庁特殊部隊「サードアイ」が、テロ捜査を開始。
ロシアで起きたテロを捜査するべく、ロシアの軍事施設のコンピューターに
アクセスを試みる為、サードアイはある高校生に協力を依頼。

それは、高度なハッキング技術を持つ、高校生の高木藤丸(三浦春馬)。
高木藤丸は、普段はエロゲーに時間を費やしてしまう、一見ダメ高校生であるが、
そのハッキング技術によって「ファルコン」と呼ばれ、数々の人助けもしてきた。
そんな高木藤丸に生物教師として近づくマヤ・・・

そんな中、「サードアイ」に所属する高木藤丸の父親が、
殺人の容疑で警察に追われることになる。

高木藤丸の妹は、何者かに誘拐され、父親は殺人容疑をかけられ・・・
日本でもテロ事件が発生し、それに巻き込まれていく主人公。

果たして、東京に生物兵器によるテロが実現のものとなってしまうのか・・・?


posted by ブラッディマンデイ at 22:22 | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。